クロアチア<気候>

クロアチアは、日本と同じようにはっきりとした四季がある。アドリア海岸地域は比較的穏やかな気候だが、ザグレブなどの内陸部は冬が厳しく、夏でも夜になると肌寒くなる。朝から昼、昼から夜にかけての温度差には注意が必要。夏の日中は日差しが強いが、湿気が少なく比較的過ごしやすい。紫外線は年間を通して強いので日焼け対策は必要。観光シーズンは、気候の良い5月~10月。7月~8月はヨーロッパからの観光客押し寄せてくるため混雑する。しかし、この時期にザグレブをはじめ各地で何かしらのイベントやフェスティバルが行われるので楽しい。

クロアチア<服装>

<春・3月~5月

寒さもひと段落してきたところ。まだまだ油断は禁物、セーター、ジャケット、ジーンズ、スプリングコート、ウィンドブレーカーなどある程度寒さをしのげる格好を。

<夏・6月~9月

夏真っ盛りでとても暑くなる。Tシャツ、ポロシャツ、半袖シャツ、コットンパンツ、半ズボン、サンダルなど通気性の良いものを。念のため日中の温度差対策に一枚何か羽織れるものを。

<秋・10月~11月

突然冷え込むのでウィンドブレーカー、フリース、セーター、ジーンズ、ジャケット、コートなど温かい格好を。

<冬・12月~2月

場合によっては氷点下になるほど寒さが厳しいので厚手のジャケットやコート、帽子、耳あて、手袋、マフラー、ダウンジャケットなど完全な防寒具が好ましい。

※上記は2013年10月更新、ホームページ末尾の免責事項も併せてお読み下さい。